返金を行う

Smartpayはマーチャントパートナーであるお客様の指示に従い、返金処理を行います。返金のリクエストは、Smartpayのダッシュボードまたは返金APIコールで行うことができます。

Smartpayのダッシュボードで

1. 返金を希望する注文を探す

Smartpayのダッシュボードにログインすると、お客様の注文の一覧が表示されます。「注文ID」、「お客様名」、「お客様Eメールアドレス」で特定の注文を検索することができます。
該当する注文が見つかったら、それをクリックすると注文の詳細ページが表示されます。

2. 返金を行う

注文の詳細ページで「返金する」をクリックします。
返金したい金額と、オプションの説明をフォームに記入します。「返金する」をクリックします。


Smartpay APIの使用

1. 返金を希望する注文を取得する

返金したい注文の注文IDを使用して、Smartpay APIを使用して注文オブジェクトを取得します

curl --request GET \
     --url 'https://api.smartpay.co/v1/orders/order_test_bA1znhGULw5lROfDTpHChv?expand=no' \
     --header 'Accept: application/json' \
     --header 'Authorization: Basic {secretKey}'

返されたオブジェクトには、注文に対して作成された支払IDを持つpaymentsフィールドがあります。返金を行うには、このpaymentIdを取得する必要があります。

{
  "id": "order_test_bA1znhGULw5lROfDTpHChv",
  "object": "order",
  "amount": 2100,
  "createdAt": 1644978270631,
  "currency": "JPY",
  "discounts": [],
  "expiresAt": 1645583167495,
  "lineItems": [
    "li_test_Lj1ofPS7HabmT3i0XsyB4V"
  ],
  "metadata": {},
  "payments": [
    "payment_test_GDEATBKK8XAp9XGf6J4U4"
  ],
  "shippingInfo": {
    ...
  },
  "status": "succeeded",
  "test": true,
  "updatedAt": 1644978437889
}

2. 返金を行う

注文のpaymentIdを使用して、Smartpay APIを使用して返金を作成します

引数の詳細については、返金用APIエンドポイント作成 をご覧ください。
以下の項目は必須です。

  • amount: この支払額のうちいくら払い戻すかを示す正の値です。払い戻しできるのは、払い戻しできない残りの金額までです。
  • currency: 3文字のISO通貨コード、大文字。対応している通貨である必要があります。
  • payment: Paymentオブジェクトの一意な識別子です。
  • reason: 返金の理由(requested_by_customerまたはfraudulent
curl --request POST \
     --url https://api.smartpay.co/v1/refunds \
     --header 'Accept: application/json' \
     --header 'Authorization: Basic {secretKey}' \
     --header 'Content-Type: application/json' \
     --data '
{
     "amount": 1000,
     "currency": "JPY",
     "description": "Customer return",
     "lineItems": [],
     "payment": "payment_test_GDEATBKK8XAp9XGf6J4U4",
     "reason": "requested_by_customer",
     "reference": "my_merchant_refund_reference"
}
'
$api = new \Smartpay\Api(getenv('SECRET_KEY'), getenv('PUBLIC_KEY'));

$payment = $api->createRefund([
   'amount' => 1500,
   'currency' => 'JPY',
   'description' => 'Description for my Smartpay refund',
   'lineItems' => [],
   'payment' => 'payment_test_GDEATBKK8XAp9XGf6J4U4',
   'reason' => 'requested_by_customer',
   'reference' => 'my_merchant_refund_reference'
]);
Smartpay.configure do |config|
  config.public_key = ENV['PUBLIC_KEY']
  config.secret_key = ENV['SECRET_KEY']
end

payment = Smartpay::Api.create_refund({
  amount: 1500,
  currency: 'JPY',
  description: 'Description for my Smartpay refund',
  lineItems: [],
  payment: 'payment_test_GDEATBKK8XAp9XGf6J4U4',
  reason: 'requested_by_customer',
  reference: 'my_merchant_refund_reference',
})
SECRET_KEY = os.environ.get('SECRET_KEY', '<YOUR_SECRET_KEY>')
PUBLIC_KEY = os.environ.get('PUBLIC_KEY', '<YOUR_PUBLIC_KEY>')

smartpay = Smartpay(SECRET_KEY, public_key=PUBLIC_KEY)

payment = smartpay.create_refund(
    payment="payment_test_GDEATBKK8XAp9XGf6J4U4",
    amount=1500,
    currency="JPY",
    reference="my_merchant_refund_reference",
    reason="requested_by_customer",
    description="Description for my Smartpay refund"
):

Did this page help you?